よくある質問

 
 

ずっと家にいることを許しても将来のことは大丈夫でしょうか?

ずっと家にいるという状況が続くと心配になりますよね。
でも、それはおそらく何が原因で家にいるようになってしまったのか?わからなかったり、良くないイメージを持たれていることが原因かと思います。

もしも、その状況がイジメだとハッキリとわかっていればどうでしょうか?

学校なんか行かなくてもいい!とはなりませんでしょうか?

では、なぜそうも簡単に「行く」「行かない」が逆転してしまうのだと思われますか?

それはきっとずっと家にいるのはダメなことなんだ!と思い込まれているからだと思います。

ずっと家にいることで将来が不安定になられた方を知っておられる。とかであれば、そう思われてもしょうがないのかもしれませんが、自分の経験上では、学校へ行っていた方でも将来が不安定になられた方もいらっしゃいましたし、学校には行っていなかったけど、自分のやりたいことをやって大成されている方も沢山おられました。

となると、将来のことは今どのような状況であっても、悩んでもどうこうなることではないように思いませんか?

それならば、今家にいることを選択したお子さんの思いに寄り添い、心が落ち着くように考え、行動をされた方が、将来のことを悩むより、ずっとお子さんは自身は喜んでくれるのではないでしょうか?

昼夜逆転してしまっている子供の生活が心配です

心配ですね。
でも、考えみて下さい。
なぜ昼夜逆転してしまったのか?と・・・

もしかすると朝は家族と顔を合わせるので「誰かに何かを言われるのかもしれない」と思っていたり、昼間は学校に行けていないことを「誰かに何かを言われるかもしれない」と思っていたとしたらどうでしょうか?

夕方や夜は学校も終わっているし、誰もが家にいる状況なので安心していられる。とか、夜は家族が寝静まったら、自由にやりたいことができる時間!なのかもしれません。

言わば、お子さんがひとつのヒントを与えてくれているのかもしれません。

お子さんの気持ちになって色々なシチュエーションを考えてみて下さい。

そんなことを繰り返していれば、今まで気づかなかったお子さんのSOSに気づける時が来るかもしれません。

学校に行かないと子どもの学力が遅れてしまわないか心配です。最低限の基礎学力くらいは身につけさせたいです。

では、お尋ねします。

学校へ行く=勉強をする、ということなのでしょうか?

これは私事で申し訳ないのですが、学校には行っていましたが、勉強は全然していませんでした。
(うちの子と一緒にしないで!と怒られそうですが・・・)

何がいいたいのかといいますと、学校に行ったとしても勉強をするとは限らない!ということです。

他のことが気になり過ぎて勉強どころではないかもしれません。
その場合の学力低下は心配にはならないのでしょうか?
どちらも心配というのなら、行っても、行かなくても同じではないのでしょうか?

やるべきことが出来ていないように見えるかもしれませんが、誰もがやるべきことをやっている訳ではないと思います。

では、今何が必要かということをお子さんを中心に、必要なことだけを考え、どうするのかを決めた方が良いのではないでしょうか?

やるべきことを強要しないというのは、甘やかしではないのでしょうか?

そうですよね。
いっけん子供が拒否する時って、面倒なだけだろうな?とかの感情が見えたように思ってしまいますよね。
でも、それは本当のところどうなのでしょうか?
事実確認は出来ているのでしょうか?

もしも、その拒否が本当に心の底からの叫びであったとしたら、そしてそれが後々わかるなんてことが起こったらどうでしょうか?
ご自身が子供の立場であったとしたら、後になって「ごめんね!」と言われて許せますでしょうか?

自分はこの「思い込み」や「決めつけの方」が、実は「甘やかし」なのではないかと思っています。

なぜなら、やらない理由は親が思っているようなことではないかもしれません。子供の気持ちを理解することなく一方的に決めつけ、強要しているのであるなら大人の世界で立場を利用したパワハラと同じようなものですよね。

では、どう判断すればいいのだと思いますか?

自分は、明確な理由がわからないのであれば、それは「甘え」や「わがまま」であると判断できないので、事実関係がわかるまで「決めつける」ことなく見守ることが必要なんだと思います。

もしも、明確な理由がわかったのなら、それから厳しく指導しても遅くはないのではないでしょうか?

将来や経済的な自立ができるか心配です。

そうですよね。
学校にも行かずにいると就職もできないように感じますから将来が不安に思えてしまうかもしれませんね。

でも、よく考えてみて下さい。

もしも高校や大学を卒業していれば、将来は安泰で、経済的に自立できる確約の様なものがあるのでしょうか?

もうそんな時代はとっくに無くなってしまっている様に思います。

ということは、学校を卒業していようがいまいが、将来のことが不安で経済的な自立ができるか心配なのは同じだ!ということではないのでしょうか?

そうであるならば、あわない学校関係の枠の中で嫌々適当に過ごすよりも、やりたいことを見つけて得意分野を伸ばす努力ができる環境の方がいい様に感じますが、いかがでしょうか?

子育て方法が間違っていたのでしょうか?

その様なことは決してございません。

むしろそのネガティブな感情が、子供やご家族に悪い影響を与えてしまいかねませんので、可能であれば常にポジティブに過ごすことを心がけていただきたいですね。

そもそも正しい子育て方法とか攻略方法!みたいな必ず成功するマニュアルは存在しませんし、それらを学べるような場所がある訳でもございません?

自由という言葉を間違って理解して、ただの放任に近い子育てを行なってきたというのであれば話は別ですが、そうでなければ子供が100人いれば、100通りの子育て方法が存在してもおかしくない時代です。

もしも子供が学校に行かなくなってしまったとしても、それは単にその子がその学校の環境とあわなかっただけであり、環境が変われば望まれているような状況に一変することもあるかもしれません。

だから、誰かのせいとかではなく、これからどうするのかを真剣に向き合い相談していくことが重要かと思います。
 
 
 
 

コンテンツ一覧

 
2022 年 10 月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

本日 / 定休日

 
 

ページTopへ