• home
  • 明日は学校に行く!
 

明日は学校に行く!

 

よく「うちの子は、明日は学校に行く!と言っているので、本人も学校に行きたいと思っているはずなんです、でも朝になると全然起きてこなくて、起こしに行くと怒り出すのです…もう何を考えているのかわかりません」といったご相談をよくいただきます。

確かに、ご本人が「行く!」と言っていたのですから、行くのだろうと思うことも自然なことですが、そう言っていたのに行かないのはどういうこと?と思われることもごく自然なことだと思います。
故に何を考えているのかわからない…となられることも理解はできます。

でも、よくよく考えてみていただきたいのですが、あなたはお子様がその様な行動を取るようなお子さんに育てた記憶はございますか?きっとそんなことはされていないと思います。

どちらかと言うと「約束は守りなさい!」とか「自分で決めたことだから頑張りなさい!」といった、鼓舞することを育んでこられたことだと思います。

本当の気持ち

では、親御さんから見ても理解のできない行動をとってしまっているお子様というのは、鼓舞する教えも守らず、自らが望んで約束を破るような行動を行っていると思われているということでしょうか?

そんなことはないですよね?

このような状況の場合は、お子様にとっても鼓舞する教えを守らないといけないこともわかっているけど、本意ではない行動を行ってしまっていて、ご自身でも自分が取っている態度や行動に対して戸惑っていらっしゃるのではないのかな?って思います。

あなたもこのお子様と同じ様に、自身の意志とは違った行動を取ってしまったことは、過去にはあることかと思います。

そして、そのような状況の時のお子様の様子を思い出していただきたいのですが、きっと多くのお子様は布団の中から出てこれなかったり、お腹が痛くなったりする様な体調不良を訴えてらっしゃったりするのではないでしょうか?

では、これも仮病なのでしょうか?自分はそうは思いません。

きっと、ご本人も行くと言っていた自分を許せなかったり(嘘つきになる)、気持ちはあるのに自分の身体をコントロールすることができないもどかしさであったり、不安やプレッシャーからお腹が痛くなったり、体調不良を起こしたりしているのではないでしょうか?

これらの行動は、すべてお子様からのSOSなのではないでしょうか?

こんんことはないですか?学校が休みの前日の夜などは元気に過ごせている。

その理由は「誰も学校に行っていない時間」であったり、誰もが自由に過ごしている時間だから「学校に行けていない」という苦しみから開放されているからかもしれませんよね。

では同様に、朝起きて来られない理由にも何か原因があるのではないでしょうか?

もしも、本当に精神的な部分から起こる体調不良であるならば、いち早く発見できるに越したことはありませんよね。または、そうでなくてもその時間を迎えるのが辛くて、寝ていることでその時間をやり過ごしたいと思っている場合もあります。

その気持が強くなるとわざと昼夜逆転した生活にならざるを得ない生活を繰り返し、本来起きなければならない時間には、勝手に起きれない状況になって過ぎてしまって欲しいとの思いからそうする場合もあるようです。

他にも勉強もしないでゲームや動画ばかり見ていることも、そうしていれば現実を受け入れなくても済む時間になり、現実逃避がしたいがために、別にやりたくもないのにやり続けている場合もあるのです。

家族のためだからこそ

だから「明日は学校に行く!」や「新学期から学校に行く!」といったことを言ってしまうのも、家族のためにそうした方がいい(喜ぶ)と思っているからこその言動であったり、そうしないとダメなんだ!と思い込んでいる場合が大半です。

その時そう言った気持ちは、嘘ではないのだと思います。

ということは、恐怖や焦り、孤独、不安といった様々な感情を日々ひとりで向き合い、必死に戦っているのではないのかな?って思っています。

だから、この様な行動を繰り返してしまう時には、何をするでもなく「もう頑張らなくてもいいんだよ!」と声をかけてあげてみて下さい。

そして、お子さんに現実逃避をする必要がないと思えるようになるまで、心の回復時間を用意してあげて下さい。

 

最終更新日:2023/03/17(金)11:39

 
 
 
 
2024 年 7 月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

本日 / 定休日

 

ページTopへ