Runについて

学校以外の選択肢があってもいいんじゃない!

フリースクールRunでは、学校は子供達にとっての社会であって、人生そのものなんだと思っています。

だから、義務教育世代であったとしても大人の社会と同じように、転職(転校)や休職(休学)を選ぶという選択肢があってもいいんじゃないのかな?と思っています。
ひいては独立や自営(学校教育以外の選択肢)を選ぶことも、ありではないでしょうか?

これだけ多くの子供達が苦しんでいるのに、なぜ子供達だけ「不登校」と言われ、ダメなレッテルを貼られてしまうのでしょうか?

自分にとっては、立派な「昇格・有給・独立」という英断だと思っています。
だから、子供達自身が考えたどの選択もフリースクールRunでは、全力でサポートしていきたいと思っています。

学校に行かなくてもいいということをすすめるのはいかがなものか?といったご指摘もいただくことがございますが、決して学校へ行かなくてもいい!と言っている訳ではありません。
もちろん、通常学校で得られる集団教育も知ることは必要ですから、何もなければ学校中心の教育活動へ進学されることかと思います。

私達がお伝えしたいのは、例えばサイズが合わなくなった服を無理やり着続けるなんてことは、窮屈だったり身動きの自由を奪われるなどストレスを感じますよね。

では、そのような時あなたならどうしますか?ということです。

きっとそんな時大人であれば、自分にピッタリあったサイズの服に着替えたり、自分好みのファッションに着替えるのではないでしょうか?

それと同様に子供達を育む教育環境も、これまでの学校教育一択という考えだけでなく、自分好みの服に着替えるかのように、学校以外での教育活動を選択してもいいのではないのかな?っと思っています。

制服+私服(学校へ行ったり、行かなかったり)なんて事もワクワクして素敵かもしれません。

なぜなら窮屈な思いを抱えたままのネガティブ思考で学校へ行くぐらいなら、やりたいことに夢中になって過ごす日々の方が充実していて将来のためになるのではないでしょうか?
それでもただ学校に行っているだけの子供の方がいいのでしょうか?

よくここで言われるのが部活に熱中すればいい!とか運動をさせればいい!とか・・・

では、部活にも救いを求められない子供達はどうすればいいのでしょうか?
それでも行っているだけの方がマシなのでしょうか?

少しでも主体的な学びを得るためには、ありのままの自分でいられて、そのままの自分を受け入れてくれる環境であるということが重要になるのではないでしょうか?

そんな思いから子供達が主体的な学びを受けられる環境が必要だと感じフリースクールRun(ラン)を開校することにいたしました。

フリースクールRunは子供達のための居場所ですから、子供たち中心の新しい学びの場を作るためには沢山の方々の協力関係がなければ成り立ちません。

子供達のことを一緒に考え、対話することがとても大切だと思っています。
ご理解とご協力を賜れば嬉しく思います。

学びにも、様々な選択肢があること自体があたり前になる。
そんな社会の実現を目指して、私達は皆さんと子供達と共に日々新しい学びのあり方を探求し続けて参ります。



 
 
 


 
 


 
 

コンテンツ一覧

 
2022 年 10 月
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

本日 / 定休日

 
 

ページTopへ